アーチェリーチーム ケンタウルス

カウンタ画像 since 10.Apl.2009

トップ > アーチェリーの用具/技術 > 弓具の説明

弓具の説明

弓
弓には、リカーブと呼ばれるものと、弓の両端に滑車がついているコンパウンドがあります。
弓各部の名称については、アーチェリーの構造にも説明があります。
また、初心者用では一体型のもありますが、基本的にはハンドルとリムにわかれます。
ハンドルは弓の胴体部分です。リムは矢を射つ時に反り返る部分で、上下で一対です。

ストリング

ストリング(弦)
素材は、テトロンやケブラー等があります。
これを弓にはめるには、ストリンガーと呼ばれるひもを使って張ります。
中央部分はサービングと言い、ストリングに矢をつがえたり、引き手を握る部分です。
摩擦で弱くなるので、糸を巻き付けて補強しています。

サイト(照準器)

サイト(照準器)
照準器。距離や風に応じて調整をします。正確に射るために欠かせないものです。
これを使わない競技方法もあります。

クリッカー

クリッカー
一定の引き尺で引くための薄い金属の板で、リカーブボウで使用します。
主に中級者以上が使用するツールです。

レスト

レスト
リリース時、矢が弓に触れないようにするツールです。
プラスチック製やフリッパー式のものがあります。
一部プランジャー付きのものもあります。

プランジャー

プランジャー
リカーブボウ用で、スプリングを内蔵し、矢のクリアランスを良くするためのものです。
調整は非常に難しく、調整があっていないと、命中率が下がってしまいます。

スタビライザー

スタビライザー
発射の瞬間に生じる横ブレやトルクを少なくし、矢を真っ直ぐに飛ばすために、
弓に取り付ける安定装置です。
Vバー(Yバランサー)を付けて、右のように組み合わせることもします。

矢
大きく分けてアルミニウム合金製とカーボン製の2種類があります。
矢各部の名称については、アーチェリーの構造にも説明があります。