アーチェリーチーム ケンタウルス

カウンタ画像 since 10.Apl.2009

トップ > アーチェリーの用具/技術 > アーチェリーの射法

アーチェリーの射法

アニメーションでご覧になりたい方は、アーチェリーの射法(アニメーション)を辿って下さい。

スタンス

スタンス
シューティングラインをまたぎ、的に向かって直角にたちます。
体重は両足均等にかけ、ヒザは力まずに真っ直ぐにします。
スタンスの方法としては、下記のものがあります。
ストレートスタンス
両足の先が的の中心へと一直線になるように立ちます。。
オープンスタンス
ストレートスタンスより左足を後ろに下げ、
両足を的の方向に少し開いたスタンスです。
クローズドスタンス
ストレートスタンスとは逆に、左足を前に出すスタンス。
足や腰に障害のある人以外はやってはいけないスタンスです。
射型の基本となるので、自分にあったスタンスを選びましょう。

セット

セット
腰を据え、両肩の力を抜き、背骨から頭の先まで真っ直ぐに伸ばします。
正しくセットを行うことが、射型の良否に重要となります。

ノッキング

ノッキング
セットを崩さないように、矢をレストに乗せストリングに矢をつがえます。
引き手は、人差し指と中指で矢のノック部分をはさむようにし、
人差し指,中指,薬指の三本の第一関節をストリングにかけます。
弓の持ち手(押手)は、親指と人差し指をV字型に開き、
力が親指の筋肉の内側に沿うように、その間に弓のグリップを当てます。
この時、手首は曲がらないようにします。

セットアップ

セットアップ
弓と矢を持った両手を上げ、次のドローイングまでの動作を指します。
正しいグリップ、しっかりとした取りかけで、両手首をリラックスさせます。
高さの目安はサイトピンが的の中心に付く程度です。
弓を持ち上げた後、引き手の肘が下がっていないかチェック。

【プレドロー】
両手を持った肩の位置を決めて、的に向かって真っ直ぐに伸ばします。
ストリングを軽く引いて、矢筋に対して肩の骨と腰骨が平行になるように体の向きを正します。
欧米のコーチングから出てきており、日本での射法八節にはありません。

ドローイング

ドローイング
引き手の肘を大きく廻り込ませる様に、肘を意識しながら引く。
腕の力に頼らず、背中(背筋力)を使って、両肘で左右に引き分ける感じになります。
引いた結果、顎の下に手が自然に入るのが理想です。
引き手ばかり意識すると、押し手が負けるので、引き手で引いた分、押し手を押すようにします。

フルドロー

フルドロー
ほとんど変化のない下記の一連の動作を、ほんの数秒のわずかな時間で行うものです。
アンカー
顔や顎に引き手を固定する。
固定する場所により呼び方が異なり、競技によっても向き,不向きがある。
エイミング
顔の向きを一定にし、サイトを的の中心にあわせる。
毎回、同じ所に弦サイトがあるか確認する。弦の位置がサイトピンの左側にあれば良い。
ホールディング
弓を十分に引き分ける。
矢筋を意識しながら伸びあう。伸びあうことによって、左右のブレが少なくなる。
この目に見えないような伸び合いが重要となる。
コンセントレーション
集中力が乱れるとミスにつながるので、1射ごとに精神を集中させる。

リリース

リリース
フルドローでエイミングし、十分に弓を引き、十分に集中した状態で、射る瞬間の動作です。
エイミングで伸びあったまま、引き手の指の力を抜く。
弓の力だけで指を広げ、ストリングが離れていくのが好ましい。
伸びあった方に引き手が動くのが理想だが、動かなくても問題ないです。
リリース時に、タブの上をストリングが滑る感覚があっても大丈夫。

フォロースルー

フォロースルー
リリースの結果として残る姿勢です。リリースが終わったあと、姿勢を1〜2秒維持します。
押し手が下がっていないか、体がねじれていないか、体の軸がブレていないか確認する。