アーチェリーチーム ケンタウルス

カウンタ画像 since 10.Apl.2009

トップ > アーチェリーの用具/技術 > アーチェリーの構造

アーチェリーの構造

弓の構造

弓の構造
チップ
ストリングをひっかけるところ。
アッパーリム
ハンドルから弓上部の端の部分。
ロウアーリム
ハンドルから弓下部の端の部分。
バック
弓の外側(弓を射る時、的に面する側)。
フェイス
弓の内側(弓を射る時、自分に面する側)。
リカーブ
リムの先端に近い部分の反った部分。
ハンドル
弓のグリップを含めた部分。
サイトウィンドウ
的が見やすいように、グリップの上部を削り込んだ部分。
ピボットポイント
グリップの中心。弓を引く時、弓を押す中心部分。
ノッキングポイント
ストリングに矢をつがえる部分。
ストリングハイト
ピボットポイントから弦までの長さ。

矢の構造

矢の構造
ポイント
矢の先端部分
シャフトのサイズにより、使用ポイントも異なるので注意。
シャフト
矢の本体のパイプ部分。金属製,カーボン製がある。
コックフェザー
ヘンフェザー
矢につける羽(フェザー)。ビニール製やフィルム素材のものが多い。
ノックの溝(弓やストリング)に対して、直角なのがコックフェザー。
コックフェザーに対して、120度間隔でついているのがヘンフェザー。
クレスティング
正式な競技では、矢に自分の名前(イニシャル可)を必ず書くことになっています。
ノック
ストリングにつがえるための部分。プラスチィック製。

ストリングの張り方

ストリングの張り方

説明は、右利きを前提にしています。

  1. ストリングの小さなループはアッパーリムに通し、
    反対側のループは、ロウアーリムのストリングノック(リム先端の溝)にかける。
  2. ボウストリンガーのポケットの小さい方をアッパーリムのチップに、
    反対側をロウアーリムのチップにかける。
  3. ボウストリンガーが弓に絡まっていないかを確認し、
    左足でボウストリンガーの中央を踏み、右手で弓を引く。
  4. 弓を引いた状態で、左手でアッパーリムのストリングノックに
    ストリングのループをかける。

顔をアッパーリムの上に置かないようにしましょう。
ストリングを張るとき、弓がはずれて跳ね上がり、顔に当たるかもしれません。

ボウストリンガーは、自分の使いやすいように、長さを調整しましょう。