アーチェリーチーム ケンタウルス

カウンタ画像 since 10.Apl.2009

トップ > アーチェリーの競技/ルール > アーチェリーの競技

アーチェリーの競技

アウトドア ターゲット競技

アウトドア ターゲット競技
アウトドアターゲット競技は、リカーブ部門およびコンパウンド部門が別の競技として行われ、
シングルラウンドでは、次の各距離から、この順序に従って各36射ずつ行射します。
成年男子、少年男子、マスターズ男子
90m , 70m , 50m , 30m もしくは、 30m , 50m , 70m , 90m
成年女子、少年女子、マスターズ女子、キャデット男子
70m , 60m , 50m , 30m もしくは、 30m , 50m , 60m , 70m
キャデット女子
60m , 50m , 40m , 30m もしくは、 30m , 40m , 50m , 60m
ここで、90m、70m、60mとキャデット女子の50mでは、122cmの標的を使用し、
キャデット女子以外の50m、40m、30mでは、80cmの標的面を使用します。
ダブルラウンドは、シングルラウンドを2回、連続して行います。

また、オリンピックラウンドは、70m(キャデットは、60m)を122cmの標的を使用して実施します。
この時、当ラウンドのマッチ戦は、3射2分4エンドもしくは、6射4分2エンドを行射します。
但し、準々決勝以上のファイナルラウンドでは、1射30秒以内の3射4エンドの交互行射となります。

市民大会でよく開催される、50・30mラウンドは、シングルラウンドの短距離のみを実施し、
50m、30mの各距離から1エンド3射で36射ずつ行射します。

すべての標的は10点制で、外側の1点から中心の10点に分けられ、
10点の内側には、インナー10という小さな円が描かれています。
なお、標的は、内側の10点から、黄・赤・淡青・黒・白の5色で塗りかけられています。

インドア ターゲット競技

インドア ターゲット競技
インドアターゲット競技は、リカーブ部門およびコンパウンド部門が別の競技として行われ、
25mインドアターゲットラウンド
すべての種別において:60cm標的面または、60cm三つ目標的面を使用し60射。
18mインドアターゲットラウンド
すべての種別において:40cm標的面または、40cm三つ目標的面を使用し60射。
複合インドアターゲットラウンド
25mインドアと18mインドアとを、この順序で連続実施。
で行われます。

通常の標的の場合はアウトドアと同じ、外側の1点から中心の10点に分けられ、
10点の内側には、コンパウンド用の10点枠が描かれています。
なお、標的は、内側の10点から、黄・赤・淡青・黒・白の5色で塗りかけられています。
三つ目標的の場合は中心の10点から6点までしか、描かれていません。

フィールド競技

フィールド競技
フィールドターゲット競技は、ベアボウ部門、リカーブ部門および
コンパウンド部門が別の競技として行われ、
12〜24の間の4で割り切れる任意の数の標的に対し、1標的3射を行射します。
これらの標的は、地形に応じて照準や行射が困難になるように、
コースに沿って配置されます。
コースは、「全てマークド」「全てアンマークド」「双方組み合わせ」でもOKです。

標的は中心が黄色で、その外側に黒色の得点帯が4個あります。
また、黄色の中にはインナー5があります。
標的面の直径は、距離に応じて20cm,40cm,60cm,80cmが用意されます。

スキーアーチェリー競技,アーカスロン競技

スキーアーチェリー競技
クロスカントリースキーとアーチェリーの複合競技でタイムを競う競技です。
スキーアーチェリーの夏版として、アーカスロン競技もあります。

クラフト競技

クラフト競技
国内ではあまり行われない競技ですが、地上に描かれた直径15mの円形の標的に、
男子:165m , 女子:125m の距離から計36射を射る競技です。
標的の中心には、長さ80cm,幅30cm以下の白いクラフト(三角旗)を、
地上50cmのところに垂直に立てます。
得点は、中心から外側へ5点,4点,3点,2点,1点です。

フライト競技

フライト競技
国内ではあまり行われない競技ですが、計6射で、最大飛距離を争う競技です。
使用する弓によりクラスを分けて行います。